百年墓石はこうして生まれました

石の三徳のコンセプト商品“百年墓石”の誕生秘話・・・

 

墓石業界の常識を超えた5大メリットを持つ

 

“こだわりの墓石”はこうして生まれました…

 

 

百年墓石

 

 

墓石はどこで買っても同じ…

 

2005年の夏、まだ私が三徳に入社して間もない頃の話です。ふらりと二組の老夫婦がご来店されました。そのご主人が第一声でこう言われたのです。

 

「墓はどの店を見て周っても一緒じゃのう。」

 

私はその問いに、

 

「そんなことありません!うちの墓石は他のお店とは違います!」
「本当にいい御影石しか扱ってませんから。」

 

と即座に答えました。でも心の中では「本当にいい石しか扱ってないけど、正直、お客様に石種の違いや御影石の等級の差、加工の違いをご理解いただくのは難しいんだよな…」と思っていました。となりの奥様が私のそんな気持ちを見抜いたかのように、こう言われました。

 

「どこも同じなら、やっぱり安いほうがいいわよね。」

 

墓石のそうした違いが説明できないのなら、まったくその通りです。どこも同じと思われても仕方ありません・・・。お客様も最近はよく研究されています。いろんな展示場を見て周られて、どこも大体同じような墓石しかおいてないことをよくご存知のようでした。

 

 

お墓選びの判断基準が値段だけだった時代…

 

実は『墓石』という商品は、地方によって人気のある石種やデザインがある程度決まっています。よって、どこの石材店を見てまわっても大体同じような墓石が置いてあります。洋風のお墓(洋墓)やデザイン墓なども増えては来たものの、やはり80%の方は和墓を購入されます。

 

そうなると、どのお店にいってもだいたい同じデザインになってしまいます。どこも同じカタチ、同じ石…ということになるとそれ以外の判断基準がない場合はどうしても、

 

「もちろん、どこよりも安くさせてもらいます!」

 

と、結局、お約束のように値段だけがそのお墓選びの価値基準となっていきました…。

 

それはお客様が悪いのではなく、私たち石材店が悪いのです。それしかお墓の良し悪しの判断材料を用意していないのですから。けれど、値段だけがお墓選びの判断基準であっては絶対にいけない、私はこのことにものすごく違和感を感じていました。

 

「お墓」はそもそもそんな買い物ではなかったはず。日本人にとってもっと大事で大切なものだったんでのではないでしょうか。単なる価格競争になれば、安かろう悪かろうになっていきます。それでは間違いないく業界全体の品質が落ちていきます。既にその兆候が業界にも現れています。

 

通販やスーパーで買えるような消耗品ならいざ知らず、墓石はおそらく日本人が作るものの中で、一番長〜く使うもの。5年10年ではなく、50年、100年単位で使い続けていくものなのです。

 

江戸時代以前から続いている日本人の大切な文化である「お墓」がそんな売り方をされていていいのだろうか?それでお客様は本当に満足されているのだろうか?と、お客様とお話ししながら、そんなことを考えていました…。

 

 

墓石の作りは江戸時代から進化していない?

 

その時、もう一組のご主人がこうも言われました。

 

「墓のつくりは昔から何も変わらん。」
「石屋はなんも考えんでいいけぇ、ええよのう」

 

ちょっと皮肉っぽく言われました。「ん!?・・・墓石のつくり???」言われてみればそうなんです。和墓については、確かに磨きの仕上げが良くなっただけで、四角く切った石単純に積み重ねている江戸時代のものとなんら変わってません。車だって家だって時代に合わせてどんどん進化しているのに、お墓だけはそのまんま…。

 

「なんで石屋は何百年も同じものを売っているんだ?」
「今ならなにか工夫できることがあるんじゃないか?」

 

そう思いました。結局、その日はこの二組のお客様は話もそこそこに、帰っていかれました。
そして、二度とお店には来てもらえませんでした…。

 

 

しかし、今ではこの二組のお客様に感謝しています。やはり、お客様は神様です。このちょっとしたお客様との会話のおかげで、後に業界の注目の的となった“こだわりの墓石”が生まれるきっかけになったのですから。

 

 

日本で唯一のお墓を作ろうと試行錯誤の日々…

 

その日からというもの、私は社長と現場のみんなと、このことについて何度も何度も話し合いました。毎日熱い議論を交わしました。そして、全員で決めたのです。

 

 

日本で唯一!今までどこの石材店も

 

作ったことのない三徳だけの墓石を作ろう!

 

 

それからみんなで【本当に価値あるお墓づくり】の追求と研究がはじまりました。私たち営業は常にお客様の声に耳を傾け、現場は新しい技術があればどんどん取り入れ、いろいろと試行錯誤を重ねました。今の時代にあった三徳だけの墓石を作るため、本当に真剣に取り組んだのです。

 

 

そして2006年の夏、遂にその“こだわりの墓石”が完成しました!それがこの“百年墓石”です。耐震性と耐久性にこだわり、安心で本当に価値あるお墓づくりを追求してできた墓石です。私たちの誠意をカタチにした本物のこだわりの墓石です。この内容を知っていただければ、いままでの墓石の常識がもう常識でなくなります。

 

この商品がこれからの墓石の新基準となり、墓石業界全体の品質を向上させることになれば幸いです。ぜひ、私たちのこだわりの墓石“百年墓石”を覚えておいて下さい。

 

石の三徳 二代目 藤堂和生

 

 

これからの時代の新基準墓石 “百年墓石”誕生。

 

 

 

この商品名には「親子三代に渡ってもずっと安心で満足できるお墓」という想いが込められています。お墓を買う方に悪い人はいません。なぜなら、お墓は自分のために買うものではなく、愛する家族のために買うものだからです。

 

 

“百年墓石”はそんな家族想いの方で、

 

石材店への安心と信頼をお求めの方にオススメです!

三徳のコンセプト商品“百年墓石”はこうして生まれました関連ページ

百年墓石の5大メリット
広島こだわりの墓石店 石の三徳のコンセプト商品“百年墓石”の5つのメリットについて詳しく解説します。

HOME お客様の声 施工例 スタッフ紹介 案内地図 お問合せ