広島で庵治石の墓石・お墓を建てるなら「石の三徳」

天下の銘石『庵治石』とその歴史について

天下の銘石 庵治石

庵治石は、その類のない質の良さと希少価値、熟練された加工技術から、

“世界一”と称される極上の御影石で“花崗岩のダイヤモンド”とも呼ばれています。

 

 

庵治石のダイヤモンド

庵治石の最大の特徴は、石の表面に「斑(ふ)」と呼ばれる幻想的な二重のかすり紋様。きめ細やかで表情のある石肌は磨けば磨くほど艶を増し、青みを帯びた石肌にたなびく雲のように深みがあるかすり模様は、縁起物としても珍重されています。

 

その奥行きある優美さを感じさせる石目は、まさに自然がもたらす芸術品と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

天下の銘石 庵治石

庵治石の歴史は非常に古く、足利尊氏が征夷大将軍になった頃、1339年京都府八幡市の石清水八幡宮再建の頃までさかのぼります。この八幡宮の再建にあたり、平安末期から南北朝、室町時代にかけて、庵治地区近郊が石清水八幡宮の荘園であったとされていることから、庵治地区の石材を使用したと古文書に記されています。

 

「庵治石」と呼ばれるようになったのは、約400年の昔、秀吉が大阪城築城のため石垣の調達が讃岐に下り、石の積出港である庵治からの石材が出荷されたのがその始まりと推定されています。その後、江戸時代に入ると各地での城づくりが盛んになり、高松城築城の石壁、桜門の礎石や大阪城改築にも多くの庵治石が供給されています。

 

明治・大正期の経済発展と好景気で、庵治石の需要は増加し一大石材供給産地として躍進を遂げます。現在のように「世界で最も高価な石材」と言われるようになったのは、昭和30年以降の機械化で採石や加工が容易になってからです。その結果、庵治石は世界でも稀な美しい石質と加工技術によって「天下の銘石」の名を不動のものに築き上げています。

 

 

 

 

 

庵治石の詳細は「銘石 庵治石」のオフィシャルサイトが一番詳しく解説されています。

もっと詳しく庵治石について知りたい方はこちらをクリックして下さい。

 

銘石 庵治石


「庵治石」でお墓を建てるなら大丁場の庵治石(細目極上)がオススメ!

庵治石 石目サンプル

ひとくちに「庵治石」と言っても、その種類は数十種あり、価格もそこそこ安いものもあればとんでもなく高価なものまで多種多様に分かれます。

 

左と下の写真にあるように「石目の細かさ」や「斑」と呼ばれる模様の浮き出かた、丁場の場所、加工方法などの複雑な要素が絡み、庵治石の等級や値段が決められます。

 

一般の方が見ても、庵治石の品質を見分けることは難しく、本当に良いものかどうか、価格に見合った等級かどうかは、その庵治石を注文した石材店を信用するしかない、とも言われています。

 

 

庵治石のサンプル

 

そんな難しい庵治石ですが、石の三徳ではその品質を長年の歴史によって証明されている「大丁場」の庵治石をオススメしています。「大丁場」って何?と思われたことでしょう。簡単に説明しますね。

 

その昔、御用石という丁場(採石場のこと)がありました。高松の殿様御用達の石を出した丁場です。数ある丁場の中で、最も良質な原石が眠っている場所。それが今の大丁場です。最高級と称賛される庵治石の中でもさらに極上の庵治石、それが「大丁場」の庵治石なのです。

 

↓    ↓    ↓

 

庵治石産地 大丁場

 

※上の画像をクリックすると「庵治石 大丁場」のオフィシャルサイトをご覧いただけます。

非常に詳しく庵治石について解説されているので、ご興味のある方はぜひご覧ください。


必見!心に響く「庵治石」のコマーシャルをぜひ、ご覧ください!

庵治石CM なすびさん

 

あれ!?どこかで見たことあるような・・・「あっ!なすびさんだ!!」

 

そうなんです。私が2012年に高松で開催された「庵治ストーンフェア」に行った時のこと。ストーンフェアの会場で、どこかで見たことある個性的な男性の方に人だかりができていました。なにやら映画の宣伝をされているようで・・・。近づいてみると・・・そうです、この写真のなすびさんがいたのです!数年前に確か「進め!電波少年」というTV番組の企画「懸賞生活」で一躍有名人になったあの「なすび」さんがそこにいたのです。実はなすびさん、ここ庵治町を舞台にした映画「紲〜庵治石の味〜」に役者さんとして出演されていたのですね。

 

そして、映画の出演者の方と、地元の方がコラボして素晴らしい「庵治石のコマーシャル」を作られました。私が自分のカメラで撮った動画を紹介しようとたくさん撮影してきたのですが、それをお見せするより短い時間で数百倍、庵治の職人の方々、庵治町のこと、庵治石のことをうまくお伝え出来ると思い、ここで紹介させてもらいます。

 

全部で18本公開されていますが、その中で私のお気に入りの3本をご紹介しょう。実際に作業されている様子なども見れるので、ぜひご覧ください。私も何度も庵治に足を運んでいますが、知っている方がちょこちょこ出てきてとても面白いです(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

香川県高松市庵治町、牟礼町で生産されている世界一高級な石「庵治石(あじいし)」。

 

そこに住む庵治石の職人とその周りの人々の生活を描いた映画「紲〜庵治石の味〜」が2010年の夏、オール高松ロケで撮影されました(2012年公開)。そして2011年秋、東京と高松で映画のスピンオフとして舞台「紲〜庵治石の声〜」が上演されました。

 

そして2012年。映画と舞台で描ききれなかった、役者が演じるのではない、本物の庵治石職人の喜怒哀楽、丁場の迫力、庵治石の神秘、町の息吹をCMという形で再度表現す-ることに挑戦しました。

 

高松の庵治石の話をしながらも、それは全ての伝統文化、日本でモノ作りをする全ての人たちに通じる話を描いたつもりです。

 

AjiiCM Youtube説明文より

 

庵治石,大丁場,香川県,高松市,庵治,墓石,国産銘石,お墓

 

※上の画像をクリックすると映画「紲〜庵治石の味〜」のオフィシャルサイトがご覧頂けます。全18本の庵治石をテーマにしたショートムービーが公開されていますので、ぜひご覧ください。


庵治石のお墓に興味がある方は・・・ぜひ私と一緒に現地に行きましょう!

石の三徳 二代目

もし、あなたが本気で庵治石でお墓を建てたいとお考えでしたら、まず、現地に足を運ばれるべきです。これは絶対にオススメです。庵治へ行かずに庵治石のお墓を建てた人は損しますよ(笑)。

 

せっかく庵治石という世界一の銘石が採れる産地に近い「広島」にお住まいなんですから。車で2時間半あればあっという間に着きますよ。ぜひ、瀬戸大橋を渡って香川県高松市庵治町へ行きましょうよ!

 

こんなところが日本にあったんだって、はじめて丁場(採掘場)を見た方は絶対、感動します!
これは世界中の世界遺産を見て回った私が言うんだから間違いありません。保証します!!

 

下の写真は、平成25年9月に行われた【庵治石ソムリエ講習】に参加した時に撮影したものです。

 

庵治石の丁場全景
屋島から見た庵治牟礼地区の全景

 

庵治石の丁場全景
庵治石の丁場風景

 

庵治石の丁場風景
実際に庵治石を採掘している現場を見学することができます!

 

庵治石の丁場風景2
庵治石の採れる岩壁はすでに青味を帯びていて美しい

 


どうですか?こんなところで庵治石は採れるんですよ。

 

現地に行けば、日常ではまず見られないダイナミックな風景を間近で体感することができるのです。自分のお墓は「この山のここから採って作ってもらったんだよ。」って子供に言える贅沢…。外国産の墓石ではまずできませんよね。


庵治石のお墓づくりに対する当店の想い・・・

 

庵治石は生もの。本当にこだわるなら

 

 

今、この瞬間採れているもっとも美しい

 

 

「庵治石細目極上」でお墓を作るべし!

 

 

庵治石

 

当店では、庵治石でお墓をご検討のお客様をまず現地へご案内します。そして、ご予算や石目の好み、墓石デザインのご要望に合わせ、今採掘されている庵治石の中で最も条件に合う「庵治石」を探して選んでいただきます。

 

庵治石

庵治石でお墓を作る際は、今どこの丁場でどんな庵治が採れているかどうか、リアルタイムで確認する必要があるのです。庵治は生ものですから、先週までは斑がよく浮き出た青く濃い細目の庵治が採れていたけど、今はちょっとよくないね・・・とか、同じ丁場でも採掘場所や層が変われば天然ですから、わずかに石目や色味が変わってしまうことが多々あります。

 

なので、あの丁場の庵治だからいいものが来るはず・・・と確認もせずタカをくくっていると、出来上がった墓石がイメージと全然違ったりすることがよくあります。ここまで高価な墓石ですから、今、この瞬間に採掘されている庵治石の中で最も状態のいいものをご提供することこそが、当店の価値であり、私の使命だと思っています。

 

当店で「庵治石のお墓」を買っていただく最大のメリットはここです。せっかく究極の国産銘石「庵治石」でお墓を作られるのなら、とことんこだわりましょうよ!

 

 

あなたのために、どこの石材店の誰よりも、

 

徹底的に庵治石のお墓づくりに対して

 

魂込めてサポートすることを約束します!

当店で庵治石のお墓を建てられた「お客様の声」を紹介します。

(以下、アンケートの回答原文まま)

 

@当店をご利用いただいた「きっかけ」は何でしたか?
石の三徳さんを知ったきっかけはインターネットでした。

 

A「石材店選び」で一番の不安や不満な点、分からないことは何でしたか?
悪しき伝統、システムによる殿様商売的な商法。

 

B「墓石選び」で一番の不安や不満な点、わからないことは何でしたか?
石の基礎知識及び、値段、価値(石の素材が良ければ良いほど心配になると思う。)

 

C ABに回答された方は、それらの不満や不満は解消されましたか?
充分満足しております。

 

D数ある石材店の中、当店でご契約された【決め手】はなんでしたか?
納得するまで相談に親身にのっていただいたことに尽きます。

 

E石の三徳での建墓をご検討されている方にメッセージをお願いします。
昨年の突然の父の他界から約9ヶ月。雪の降る日、暑い中も長期にわたり色々相談にのってもらえましたことを感謝しております。長かったし、色々思い出を作っていただきましたね。

 

当初は中国庵治で計画していたものの、その後、大島石、石善、庵治石と変遷を繰り返し、他の石材店からは価格や条件面で交渉する中、展示品を格安でと勧める店あり、「うちを信用してくれればいいんですよ。」と実物さえ見せない店など、とても数百万円出して購入するものとは思えない対応でした。その対応に不審を抱きながらも、「地元の石材店なので仕方ないか。」「この業界ってどこも一緒なのか。」とあきらめ、遠隔地ではありましたが、候補店の三徳さんを断ろうかと思ったことも再三ありました。

 

しかし、三徳さんは最後まで親身になって話を聞いてくださり、なんと庵治石にいたっては高松市内の採石場まで連れて行ってくれましたね。しかも「庵治石で一番石目が細かくて色が濃く、且つ斑が小さめのかすり模様のもの」という難題までクリアしていただき、おかげで完成したお墓を見るたびに「墓石への想いが中途半端なままでお墓を建てると、お墓参り自体が億劫になりますよ。」と言われた意味が身に沁みています。

 

他の店なら「大丁場の庵治石だからこの価格、このかすり模様で仕方ない」と言われていたところ、庵治石の各取り扱いメーカーに粘り強く交渉していただき、私の理想とする「庵治石」を見つけ出し、最後まで丁寧に作っていただいたこと、忘れることは出来ません。おかげで遠くから見ても流れる雲のようなかすり模様の浮き出た素晴らしい庵治石で建墓することができ、他界した父も喜んでくれていること間違いないです。

 

お墓…それは先祖に対する感謝や残された家族の絆だと思います。

 

悔いのないお墓を建てるなら、三徳さんにして下さい。
私は地元の石材店を断ってまで頼んで、本当によかったと思います。

 

最後に、若社長さん、大変お世話になりました。お願いごとばかりですみませんでした。
お父さん、お母さん、ご家族を大切に。益々のご発展をお祈りしています。

 

(広島市在住 H.Tさん 平成25年8月建墓)

庵治石(細目)の原石

庵治石(黒口細目極上)庵治型上下蓮花

庵治石原石 細目

庵治石黒口細目極上

 

庵治石でのお墓づくりを真剣にお考えの方は、今すぐお電話下さい!

石の三徳 社長&二代目

「庵治石でお墓を作る」ということは、こういった現地への丁場見学、工場見学など非日常的な体験も含め、お客様とって一生忘れられない「お墓づくり経験」をしていただくということです。実際に足を運べる香川県高松市庵治町で採れる「世界一の国産銘石」で墓石を作ることでしか得られない大変希少でプレミアムな体験なのです。

 

この体験こそが「世界一高い御影石」でお墓を作るという「プレミアムなお墓づくり」を完璧なものにし、あなたにとって「本当に末代まで残したい価値あるお墓」を建てることができるのだと思います。

 

もし、このページを読んで私たちの庵治石に対する考えに少しでも共感いただけたなら、
ぜひ一度私たちに会いに来て下さい!

 

庵治石についてもっと詳しく知りたい方や庵治産地への現地見学ツアーについての
お問合せはこちらのお問合せフォームにご記入いただくか、

 

フリーダイヤル0120-310-925までご連絡下さい。

 

お待ちしております!

 

 

このページのTOPに戻る


平成27年度庵治ストーンフェアで最優秀賞を受賞しました!

庵治ストーンフェア 最優秀賞

 

“世界一の銘石”と謳われる庵治石の墓石コンクールで、高松市の大川石材さん(墓石加工メーカー)とコラボした当社のお客様の墓石が、数十点の作品の中の「頂点」に輝きました!

 

名実ともに“日本一の墓石”に選ばれたと言っても過言ではありません。

 

「本当に最高の庵治石でお墓を作りたい。」

 

というお客様のご要望に応えることができ、石屋冥利に尽きる光栄な受賞でした。

 

広島で庵治石のお墓をお求めならぜひ、石の三徳にお任せ下さい!

 

嘘偽りない、日本一のお墓づくりをお手伝い致します!

 

⇒上記の「最優秀賞作品」の詳細はこちらの資料をご覧下さい。

 

※「こちら」をクリックすると大川石材提供のPDF資料を閲覧できます。



HOME お客様の声 施工例 スタッフ紹介 案内地図 お問合せ